【世界遺産登録】大仙公園|仁徳天皇陵で令和のご挨拶【2歳おでかけ】

仁徳天皇陵古墳(大仙古墳)

仁徳天皇陵古墳を含む「百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群」正式に世界文化遺産に登録されたそうですね(^o^)/

 

仁徳天皇陵古墳、世界遺産登録か!?のニュースが飛び交ったのはGW明けの頃でした。

 

GW中に大仙古墳に遊びに行ったところだったので、めちゃくちゃタイムリー!と謎に嬉しかったのを覚えています(笑)

 

当時の記事を、少々修正しました。(2019/07/06リライト)

大仙公園

仁徳天皇陵古墳のすぐ横に隣接している、日本庭園や図書館・博物館まで備えた総合公園です。

 

わたしが行ったのは、世界遺産登録のニュースが流れる前の、GW中。

「令和」発表の翌日でした。

 

大仙公園に行くのは初めて。

普段の混み具合は知らないけれど、駐車場は満車。少し待って入ることができました。

 

まずは公園内へ

 

主園路

公園内をぐるっと回れるアスファルトの道が整備されています。

f:id:xoyu-nxo:20190502235559j:plain

ベビーカーや車いすの方でも安心ですね。

 

息子・りーくんは、当時ちょっと足を離せるくらいになっていたストライダーで移動

自転車に乗っている方もいたけど、道が広いのでそこまで危なっかしくはなかったです(スピードを出されると怖いけどね。。)

 

駐車場は込んでいたけど、園内が広い為そんなに「人が多い!!」て感じもなし。

 

に囲まれていて、とても気持ちが良い。

 

大芝生広場

主園路からちょっとした丘を乗り越え、公園の中央に広がる大芝生広場を目指します。

f:id:xoyu-nxo:20190502235638j:plain

りーくんちょっとしんどいねー」

 

自転車はママが運ぶことになりました。

 

大芝生広場

広々してるけど木もたくさんあって池もあって。みんな思い思いの場所でのびのびと時間を過ごしていました。

 

おじーちゃまは池のそばのベンチでのんびり

 

おばーちゃま&嫁孫はレジャーシートを敷いて木陰でお弁当

 

わたしたちが行ったのは5月だったので、暑すぎず、とても風が気持ち良かったです。

 

児童の森

お腹を満たしたら、次は子どもの体力を削りに!←

f:id:xoyu-nxo:20190502235751j:plain

子ども版SASUKEみたいな感じでしょうか。

 

ちょっとおにいちゃん向けで、りーくん(2歳)は半分くらいしかできなかったけど、挑戦したい意欲はあるようで。じーっと観察してました

 

隣に、もうちょっと小さい子向けの遊具もありました。そっちは楽々クリア!

 

りーくんはちょうど、小さい子向け遊具から大きい子向け遊具への

成長途中くらいなんだな

 

日本庭園

しばらく遊んで満足したので、次は日本庭園

f:id:xoyu-nxo:20190502235826j:plain

♪屋根よーりーたーかーい こいのーぼおりー♪

最近ではあんまり、見なくなった、大きなこいのぼりが泳いでいました。

 

入場料:大人200円

以前は65歳以上無料だったらしいんだけど

堺市在住の方のみになったそう

 

ストライダーは入口でおじさんに預かってもらえました。

 

5月は桜も紅葉もないけど、青もみじも、また綺麗。和装で前撮りをしている方もいました。

f:id:xoyu-nxo:20190504210030j:plain

葉っぱを水に浮かべて流して遊ぶりーくん。うねうねの水路は大人が見ていても面白いですね。

f:id:xoyu-nxo:20190502235923j:plain

 水辺で気持ち良い。奥の「青苔亭」で一休み。

 

f:id:xoyu-nxo:20190503000136j:plain

奥に見えるのは公園内の「平和塔」

昭和46年に、戦争のない平和な世を願って建てられたそうです。

 

f:id:xoyu-nxo:20190503000203j:plain

入口から入ってすぐの 休憩舎では、鯉にエサをあげられます。

 

鯉のエサは入口のガチャで100円で購入(結構いっぱい入ってます)

カメカモも食べに寄ってきてくれて、息子は大喜びでした。

 

 

敷地はそんなに広いわけじゃないんだけど、エリアごとで違った雰囲気を楽しめて。大人はもちろん、子どもも十分に楽しめる日本庭園でした。

 

 

この遊具でこうやって遊んでね!ていう公園よりも、何もないところで色々考えて遊ぶほうが、わたしは好きです。

 

今は一緒になって楽しんでくれるけど

 

小学生とかになったら、どうなのかな

 

 

と、今からちょっとさみしくなりますね。

仁徳天皇陵古墳拝所で参拝

日本庭園を満喫し、せっかくここまで来たのだから、と仁徳天皇陵古墳にも行きました。

 

 

令和のご挨拶 

f:id:xoyu-nxo:20190503000231j:plain

後ろに見えるのが仁徳天皇陵古墳です。大きすぎて、もはや小山。

 

このときにはまだ「世界遺産」の文字は出回っていなかったので、へぇ、山だな。くらいの感想でした(笑)

 

「世界遺産」になっても見た目は変わらないので、下からみると山ですね。

 

実はわたしは飛行機で上からも見たことがあるのですが、上から見ると大きな仁徳天皇陵古墳の周りにいくつも小さな古墳が集まっている様は、なかなか見応えがありました。

 

ふと窓から下を見たらたくさんの古墳!ちょっと感動しましたね。仁徳天皇陵古墳だと気付いたのは、後からでしたが^^;

 

f:id:xoyu-nxo:20190503000308j:plain

駐車場までの道で、たくさんの小さなハニワも発見。

 

後ろに名前が掘ってあったので、地元の小学生とかが作ったのかな?

「かん袋」の氷くるみ餅

鎌倉時代創業、豊臣秀吉から屋号を与えられたという、ものすごい歴史のあるお店です。

 

お義母さんもいちおしの「かん袋」の氷くるみ餅を食べに行ったんだけど、、

 

16時前の段階で売り切れになっていました(;O;)

 

 

定休日:火、水曜日(祝日は営業)

営業時間:午前10時~午後5時(売切れ次第、終了)

 

 

残念、また次回のお楽しみに、と思っていたけれど。「世界遺産登録」でまた人で賑わうと、次回はなかなか。先の話になりそうです。。

 

 ホテル・アゴーラ リージェンシー

晩御飯は近くのホテルのバイキングで食べたのですが、そこでまさかのくまもんに遭遇しました!

 

その日イチバンのびっくりでしたね。

 

f:id:xoyu-nxo:20190503001155j:plain

 写真掲載はくまもんと一緒にいたお姉さんに許可をいただきました。

 

くまもん、でかい。

 

ホテルの料理で熊本の食材を使っていて、そのPRで来ていたらしいです。

 

各テーブルをまわって、記念撮影までしてくれて。りーくんのおふざけポーズにも付き合ってくれました。

 

くまもんサービス精神旺盛すぎ

 

一気に好きになった。(←単純)

 

なにより、りーくんの「くまもン」の発音が可愛すぎて。

 

予想外のくまもんに、りーくんだけじゃなく、大人までテンションあがってしまった^_^;

 

帰りのタイミングまで一緒

f:id:xoyu-nxo:20190504210058j:plain

このあとバンに乗って去っていきました。

 

お外でたくさん遊んで。美味しいご飯も食べて。くまもんにも会えて。

 

盛り沢山な1日でしたね。

GW中引きこもり生活をしていた息子嫁と孫を連れだしてくれた、おじーちゃまおばーちゃまに、感謝です。

 

世界遺産登録記念イベント盛り沢山

世界遺産登録を記念して、たくさんのイベントが企画されているみたいですね。

kyodonewsprwire.jp

子どもも楽しめるものもあって、魅力的ですが。何にせ人が多そうだ。

 

とても気持ちの良い公園だったので、また行きたいな~と思っていましたが、どうなのかな。観光のお客さんで賑わうと、普通に遊びに行くには少々面倒が多くなりそうです。

 

大阪サミットもそうですが、おおごとがあると地元のふつ~~の人間は、なかなか不便も増えますよね。賑わうのは、まぁ、良いことなんだろうけども。

 

 

りーくんが乗っているストライダーはこちら

現在2歳10ヶ月。もう足を離して乗れます。

 

ヘルメットがあると安心ですね。結構大胆にコケることもあります。

息子愛用のコールマンのリュック。機能性抜群でおすすめですよ。

 

最後までお読みいただきありがとうございました^^

 

 

この記事は、今週のお題「特大ゴールデンウィークSP」のリライトです。

ゆーんでした。