【子育て中もお洒落を】ビルケンの赤い夏サンダルをお義母さんからプレゼントされました【楽しんで】

こんにちは、 BIRKENSTOCK愛用者のゆーんです。

真冬以外はひたすらビルケンのサンダルを履いています。

 

そんなゆーんですが、先日、お義母さん(旦那の母)からビルケンの赤いサンダルをプレゼントで頂きました。

 

お義母さんがそのサンダルを選んでくれた理由に、ちょっと感動した、というお話です。

BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)

ビルケンシュトック。とっても有名、誰もが知ってますよね。

 

わたしは関西に出てきてからビルケンを知りましたが、最初の頃はよく「 ビリケン」と間違えて笑われました。未だに時々間違えます。恥ずかしい。

立体型フッドヘッド

ビルケンといえば、フッドヘッドですよね。

足全体をしっかり包み込んで支えてくれて、土踏まずを押し上げ、正しい歩き方へと導いてくれます。

 

始めてビルケンのサンダルを履いた人は、もしかしたら「固い・キツイ・重い」というような印象を受ける方もいるかもしれません。わたしがそうでした。

 

靴を選ぶときの基準は「靴底がぐにゃんとひん曲げられるか」だったわたしです。

 

が、ビルケンを履き続けていると。

 

もうビルケンのサンダルじゃないと「コレじゃない感」が出てくるというか。

 

「なんかフィットしていない」と感じるようになってしまいました。

ビルケンシュトック|マヤリ・パテントボルドー

そんなビルケン愛用者なわたしに、先日お義母さんがプレゼントしてくれたのがコチラです。

赤、と書きましたが、カラーはボルドーですね。

ビルケンにしてはベルトが細く、女性らしいデザインです。

 

実際に履いてみるとこんな感じ。

ボルドーの細いベルトにバックルが映えて、とても綺麗です。

ベルトは細いですが、手前のベルトで足の甲が支えられ、フッドヘッドとぴったりフィット。走れます。

 

夏らしいデザインで、とても素敵だと思います。

 

が、わたしはそんな「夏らしいデザインのサンダル」なんて、ここ何年も履いていないんです。

3年間愛用しているビルケンのサンダル

わたしが冬以外ひたすら履いているビルケンのサンダルがこちらです

ビルケンで3年っていったらまだまだ短いほうでしょうか。白なのでお手入れがなかなか大変です。

靴底は随分すり減ってしまってます、、このデザインはもう廃版になっていて入手できないのですが、来年あたり買い替えか、底だけ新しくしてもらうか考えないとです。

 

このサンダルを、年中、靴下とあわせて履いています。

靴下は無印のもの。

無印の靴下もわたしの愛用品のひとつです。

www.xoyu-nxo.work

締め付けなしで快適です。季節によって、靴下の色で雰囲気を変えてコーディネートしていました。

そう。「靴下を履いて」が、大前提だったんですね。

夏でも靴下を履く理由

わたしが靴下を履くようになったきっかけは、妊娠でした。

"妊婦は身体を冷やすな"に習って、夏でも足を冷やさないようにしてたんです。

 

元々冷え性なのもあったので、産後も習慣のようになって、年中靴下を履いて過ごすようになりました(なんなら今の時期は靴下2枚履きです。)

 

靴下を履き始めたきっかけと、履き続けている理由は

  • 身体を冷やさないため
  • 冷え性改善のため

なのですが。それに加えて、もしくはそれを理由にして

  • 足先のお手入れが楽

というのがででんっと前面にあったように思います。

 

女子力ゼロ??構わんだろう子育て中だぜ???

 

ハイ。完全に「どうせ靴下履くし」「子どもいるし」を理由に、女をサボってます。

子育て中でもオシャレを楽しんで

そんなもんだから、正直「素足」で履かなければいけないサンダルには、少々抵抗がありました。

 

サンダルをプレゼントしてもらったときは、一緒に店舗に行っていたのですが(もともとはお義母さんのサンダルを見るという理由でビルケンに行ったんでした)、わたしが良いな~欲しいな~と見ていたのは、黒の靴下とも合わせられそうなサンダルでした。

 

でも今我が家は節約中なので。未練がましくそのサンダルを見つめていると、お義母さん「こっちも履いてみたら??」

 

あれよと言う間に2足3足と持ってきて、色々と履かされました。店頭で靴下2枚を脱ぐのは少々恥ずかしかったです(しかも1枚目は5本指ソックス)

 

そして、お義母さんが選んだのが、ボルドーの夏らしい、素足で履くサンダル

 

正直に「年中靴下だから」と伝えましたが、「夏だし、暑いし、赤が華やかで綺麗だし、思い切って靴下を脱いで」と。結局わたしもその気になって、赤のサンダルを買ってもらうことになりました。

 

やっぱりちょっとだけ、「靴下、脱ぐかな??」という気持ちもありつつ。

 

 

帰宅後、お義母さんから「足のネイルも色々楽しんで、楽しい夏を過ごしましょ~♥」とLINEがきて、ようやっと。

 

普段からあまり洋服に興味がなく、ワンシーズンに3~4種類しか服を着まわさないわたしに、お洒落を楽しんで欲しくて選んでくれたんだな、と気付いたのでした。

足がサイズアップ

そんなこんなで我が家にはビルケンが2足になったのですが、前回は36、今回は37を購入することになりました。

店舗で定員さんに念の為サイズを測ってもらうと、ワンサイズアップしていたのです。

 

まだ足成長してるの!?と驚いたのですが、店員さん曰く、ビルケンのサンダルを履いていると足が本来の自然な状態に戻り、指が伸びてサイズアップしたりすることもあるんだそう。

 

そういう意味でのサイズアップなら、嬉しいかも。

スポンサーリンク

 

要らない靴を捨てました

そしていざ、靴箱に、と思ったら。

そう。「捨て活」中のわたしですが、まだ靴箱は手を付けていないのでした。

 

さっそく靴箱をひっくり返して、要らない靴をひっぱりだしました。結果、これだけの靴はすべて手放すことにしました。

ビルケン以外で残した靴は、白と黒のスニーカーです。

ビルケンは水に弱いので、雨の日は履けませんし、本格的に走らなければいけないとき(運動会や、山に登るときなんかも)には必要かな、とシンプルな2つを残しました。

 

お洒落履きと冬靴は手を付けていませんが、またぼちぼちやっていきたいと思います。

ちょこちょこ気にかけてくれる、お義母さんに感謝

普段はそんなに干渉し合うような関係でもないのですが、何かあったときや、逆に何にもなさすぎるとき(連休中なのに旦那が出勤だったり、今回のように出かける用事がなく家に引きこもっているのが続いているとき)なんかは、何故かお義母さんからのお誘いで、普段とは違うところに出掛けたりします。

 

洋服も、わたしがあんまりにシンプルなものしか着ないからか(夏はほぼほぼTシャツ)ちょっと可愛いデザインのブラウスをくれたり、わたしが買わない色味のものをくれたり。(今回も赤色。わたしは普段身に付けない色)

 

ちょこちょこと息子嫁を気にかけてくれて、新しい刺激をくれる。

 

そんなお義母さんに、感謝です。

 

 

何年振りか。足の指先にネイルをして、素足でサンダルを履いて。お義母さんに見せに行こう(* ̄m ̄)