アイパッド×キーボードでブログを書いてみた。使い勝手をレビュー

f:id:xoyu-nxo:20190726103334j:image

こんにちは、ゆーんです。

 

実はただいま夏の帰省中♪

10年近く前に購入した大きくて重たいノートパソコンは持ち帰ることはできない為、iPadでブログを更新しています。

 

iPadでのブログ更新にあたって問題となるのが、入力方法。普段からキーボード打ちで慣れていたら、今更画面をポチポチなんてやってられません。

 

ということで、iPad用のキーボードを購入しました。

ANKER ワイヤレスキーボード

購入したのはこちら、ANKERのBluetoothキーボードです。

薄くてコンパクト、とても軽いです。バッグに入れて持ち運べます。

 

実際にiPadと並べてみると、こんな感じ。

なんかちょっとカッコ良くないですか?←

最初設置したときちょっとテンションあがりました(°▽°)

 

実際に使ってみて、iPad × キーボードのメリットデメリットが見えてきたので、レビューしたいと思います。

メリット

iPadの画面を広く使える

まず感じた1番のメリットはコレですね。

 

iPadで、普通に画面上で文字入力しようとすると、こうなりますよね。

f:id:xoyu-nxo:20190725195314p:plain

画面の半分がキーボード画面に圧迫されてしまって、非常に見辛いです。

 

これが、ワイヤレスキーボードを繋いでみると、、、?

f:id:xoyu-nxo:20190725214221p:plain

こんな感じです。一気に画面が広がりました( ̄▽ ̄)♪

 

太字にするBやアンダーバーUなどの文字装飾はちゃんと右下に残っています。

非常に作業しやすくなりました。

入力スピードが格段にアップ

当然、iPadでの画面入力と比べると、文字入力スピードは格段にアップします。

 

薄型のキーボードなどで、打ちやすさなどはどうかな、、?と不安もありましたが、普段使っているのもノートパソコンな為、そこまで違和感なく馴染めました。

 

デスクトップなどの本格的なキーボードと比べると、当然ちゃっちいとは思いますが、iPadと一緒に持ち運べるキーボードとしては充分です。

気軽に開いて持ち運べる

やっぱりiPadは気軽に開けるというのは大きいですね。

 

ノートパソコンだと、テーブルの上に出して、開いて、電源を入れて起動して、、と結構わたしにとっては気合を入れてブログに挑む!て感じだったんです。

 

息子が起きているときにPCを開いていたらめちゃくちゃされるのも分かってますしね(´Д` )

 

その点iPadはとても気軽に開けます。まぁ、息子に見つかったらめちゃくちゃにされるのは変わらないのですが(キーボード壊されそうで怖い、、)

デメリット 

キーの配置や入力方法が違う

ローマ字入力以外のキーの配置や入力方法が、微妙に違います。

 

エンターの位置、、大きさ?も違うかな。なんか最初しっくりきませんでした。日本語⇆ローマ字の変換のキーの場所なんかも違いますね。

 

詳しく知りたい方は調べてみてください。わたしもまだどのキーがどう違うか把握できていません(⌒-⌒; )

 

とりあえず「ブログを書く」という点においてはローマ字入力ができればOKなので、そこまで不便はしていません。

接続エラーがおこる

ちょいちょい接続エラーがおきます。

 

スペースキーの反応がにぶかったり、たまについてこれなくて固まっちゃったりします´д` ;

 

HTML編集の方だとそれが悪化。何故なのかね〜;;

結論

iPadでブログを更新するにあたって、キーボードがあるかないかで言えば、間違いなくあった方が効率がよいとは思います。

 

度々起こるエラーを考慮しても、やはりキーボードがあった方が書きやすい。

 

が、PCが手元にあるならば、出すのが少々億劫でもやっぱりノートパソコンで書くかなぁ、、、

 

文字の装飾や画像の編集、どこをとってもブログの書きやすさでいえばやはりPCが断トツです。

 

 

でも現状手元にはマイノートPCちゃんがいないので。

慣れないiPad×キーボードで、頑張りたいと思います٩( 'ω' )و

 

今回購入したキーボードはこちら。

 

ゆーんでした。

 

 

帰省中の為、ブログの更新、Twitterなどだいぶまちまちになってしまうと思われますm(__)m 時間があるときにみなさんのブログ巡りに行きます〜!