ゆーんの徒然日記

【3歳男の子育児日記】子育て・おでかけ・お買い物の記録など【第二子妊娠中】妊婦健診・胎児ドックの記録

【35w4d】また逆子に!!4dエコーでは可愛いお顔を見せてくれました♡

こんにちは、ゆーんです。

現在二人目妊娠35週。

あと数日で臨月に入ります(^^)

今回は、臨月直前の妊婦検診の記録。

お腹のベビちゃん。

まさか、まさかのまたもや逆子になっていました…(。・ω・。)

35w4d|妊婦検診記録

35週といえば、まだ正産期には入っていないもののお腹の赤ちゃんはすでに外の世界で生きていける準備をほとんど整えている状態。

あとは、いざ、お腹の外へ!と、着々とお肉を蓄えている段階ですよね。

一人目妊娠時よりも、お腹出てこないな?なんて心配してたのも忘れてしまうくらい、ここ数週間で一気にお腹も大きくなりました。

1回膨らんだお腹だからもう新たに妊娠線はできないだろーなんて思ってたけど、やっぱり妊娠線できちゃったよー( ;∀;)オイルマッサージはちゃんとやってたんだけどな…

ベビちゃんの推定体重は2,250g

りーくんの時よりは少しだけ小さ目だけど、平均の範囲内。

お腹の中では無事成長してくれているようで、一安心です(o^・^o)

臨月間近でまた逆子

そんなベビちゃんですが、前々回の検診で“逆子”を指摘されていて。

www.xoyu-nxo.work

その次の検診時には無事頭が下に戻ってたのだけど…

www.xoyu-nxo.work

今回、またもや逆子になってしまっていました…!

前回逆子になっていたときは、いつのまに回転したの!?て感じだったのだけど、今回はハッキリ分かります。

逆子になったのは、検診の前日。

晩御飯を食べてるとき…!!

ぐぐぐぐ~~~っとお腹の中で頭と足でつっぱってて、痛い痛い痛い…!!と思いながら耐えてたら…ぐるんっ。

あ。回りやがったなコヤツ。

と。すぐに分かりました。

その日の夜は、前日までぐいぐいやられてたみぞおち辺りへのキックがなくとてもすんなり眠れたのだけど、検診では案の定“逆子”認定。

まだまだ動いてるってことなので次回(37w)まで様子を見ますが…まだ逆子だったら帝王切開の予定を立てましょう。

と先生に言われてしまいました(~_~;)

4dエコーでは可愛いお顔

こんにゃろうめと思いつつエコー画面とにらめっこしていたのだけど、逆子であったことで思いがけず良いこともありました。

ひっさしぶりに、ベビちゃんのお顔を見ることができたのです(*^^*)

くぁあぁとあくびをしている様子。
f:id:xoyu-nxo:20200714094448j:image

むなむな…手で目元をこすったりしてました。
f:id:xoyu-nxo:20200714094455j:image

こちらは楚々としたお顔。
f:id:xoyu-nxo:20200714094500j:image

最後にはにこっと笑顔のお顔も…( *´艸`)
f:id:xoyu-nxo:20200714094507j:image

かわいぃぃぃ♡

夫も、

おぉぉ、笑ってるわ。

と、とっても嬉しそうにエコー写真を見ていました。

今の産院に転院になってから1度もベビちゃんのお顔が見れていなくて(貰えるのはなんか骨とかの写真ばっかり)、これは出てくるまでお預けかと諦めかけていたのだけど…

逆子になり、頭が上側にきたことでとってもハッキリとお顔を見る事ができました( *´艸`)♡

ちなみに、追加料金1,000円払って、4dエコーでの写真を残してもらっています。いや、1,000円の価値ありだわ。

今回逆子になったのは、可愛いお顔を見せてくれるためだったってことで!

さぁ、ベビちゃん。

再びぐるんっと回るんだ!!!

逆子体操はじめました

そんなわけで、可愛いお顔が見れて大満足の検診だったのだけど、できることなら普通に下から出てきて欲しいので。

病院で教えてもらった『逆子体操』はじめました。

やるのは朝起きたときと、寝る前の2回。

お布団の中で行います。

体操の手順

  1. まずは5分ほど仰向けで寝る
  2. うつ伏せになって膝をつき、おしりをあげた状態を5~10分キープする
  3. その後、上体を起こさないよう、赤ちゃんの背中が上になるよう身体を横向きにたおし(赤ちゃんの背中がお腹の右側にあるなら、左側を下にして)、休む

以上。

要は、骨盤にハマってしまってる赤ちゃんをお腹の上側のほうに移動させ動きやすい状態にして、その後、自分でぐるんっと回りやすい状態を作ってあげる。

ということですね。

実際にやってみた

教わったその日の夜から、早速やってみました。

 

仰向けで寝る…うんうん、言われてた通り、背中が右側にある。つまり、横になるときは左側を下にしたら良いんだな。

おしりをあげた状態をキープ…正直、背中と肩がツライ。突っ伏す体制って、肩甲骨が固い人間にはなかなかしんどいのよね。

横向きで休む…お、ベビちゃん早速動き始めて良い感じ。背中を子宮の壁に預けて休んだほうが、楽だもんね。なんでこの体制になるんだよ的な暴れ具合だけど、これで正解なんだろう。

 

…と思いつつしばらくお腹に集中してたら…

ベビちゃん、とっても上手に、くるんっと体制を変えて。

頭は上で逆子のまんま、背中の位置を左側に入れ替え、落ち着いて、寝ました

…戻らんやないかい!!

と思いつつ時間をあけてもう1度仰向けになって、今度は右側を向いて横になって…てな感じでやってみてたのですが、毎回上手いこと背中の位置を入れ替えて躱してくるベビちゃんに、わたしの方が根負けしてその夜は寝落ちしました。

翌日も、もちろん逆子のまま。

でも、こんだけ上手いこと動くんであれば、もう少し大きくなって居心地が悪くなれば勝手に頭下に戻るのでは?なんて気もして。

まぁ、あまり焦らずに毎日の『逆子体操』だけ続けて行こうと思います。

まとめ

35w4d、臨月間近の妊婦健診に行ってきました。

またもや逆子になっていたベビちゃんに、おいおい;と思いはするものの。

お腹の中で活発に動いているということは、元気な証拠。

まだまだ十分動き回れるようだし、次回検診時までは様子見しつつ、お腹のベビちゃんの相手をしてあげようと思います。

…とはいえ、経験したことのない帝王切開は、やっぱり怖い。

陣痛のあの痛みをもう1度、というのもやっぱり怖いことに変わりはないのだけど、痛み…というより“衝撃”に近いようなものだったので、来てしまえばもう進むしかないみたいなところがあります。

手術の準備をして、麻酔を打って…と平常な状態で手順を踏む帝王切開は、また陣痛出産とは別の“覚悟”みたいなものがいる気がする。

どちらにしても命がけの出産であることには変わりないわけで、ベビちゃんが望むのであれば母は頑張るけども。

できたらママ、1度経験したことがある陣痛のが安心するから、もう1回くるんっと回転して欲しいなぁ。

心配性のじーばーたちを、これ以上不安にさせたくないしね。

次回検診までの2週間、『逆子体操』頑張ろう!!!

ゆーんでした!