ゆーんの徒然日記

3歳の甘えん坊主りーくんとの毎日。

【無料プリント】で数字を覚える!ドットでたしざんの練習も

f:id:xoyu-nxo:20190801143345j:image

息子・りーくん【2歳10ヶ月】

こんにちは、ゆーんです。

 

りーくんが無料でダウンロードできる【無料プリント】へ取り組み始めて、3ヶ月がたちました。

 

えんぴつを持ち、まっすぐの線を描く練習から始まり

www.xoyu-nxo.work

迷路や、“大きい小さい”といった「ちえ」のプリントに取り組み

www.xoyu-nxo.work

 

そして最近、また一段ステップアップp(^_^)q

 

新しく『数字』のプリントをはじめました♪

無料プリント『数字』

ちびむすドリル「はじめての数字」

基本の数字の練習に選んだのはちびむすのプリントです。
f:id:xoyu-nxo:20190731222905j:image

2・3・4歳 【 数字 】 数字を書く練習|幼児教材・知育プリント|ちびむすドリル【幼児の学習素材館】

 

現状無料プリントで利用しているのはちびむすキッズプリントですが、

  • なぞり書きが6回できること(キッズプリントは3回)
  • 「いっぴき」「いっぽん」といった数え方の違いも載っていること

からちびむすをチョイスしました。

 

写真撮るのを忘れちゃったけど( ; ; )ちょっとはみ出しながらも頑張ってなぞっていましたよ〜!

キッズプリント「数字をさがして!」

こちらはキッズプリント4歳向けのプリントです。

同じ数字を探して◯をつけましょう、というものですね。
f:id:xoyu-nxo:20190731222935j:image

数字の練習プリント1から10(無料) - キッズステップ

 

キッズステップのプリントは、対象3歳までは「迷路」しかありません。

 

まだ少し早いかな??と思いつつでしたが、「1」はなんとかクリアすることができました(^◇^)

 

これが「2」以降になってくるとちょいちょい怪しくなってきます(笑)

 

「2」や「3」や「5」が、ややこしいよう。

 

ちょっとずつ、覚えていこうね♪

キッズプリント「ドットたしざん」

試しに6歳向けのたしざんプリントも印刷してみました。
f:id:xoyu-nxo:20190731223000j:image

たしざんドリル(無料) - キッズステップ

 

ドットの数を数えて、右に自分で◯を塗っていって、合わせていくつになるか考える問題ですね。

 

これ、意外と2歳10ヶ月の息子でもできました!(◎◎)

 

「1個だから1個塗ろうね〜」「次は何個?」「全部で何個になった?」と声掛け必須ですが、ちゃんと「たしざん」ができてましたよ♪

 

七田式では「ドッツカード」で随分早くから「かず」を覚えて「たしざん」ができるようになりますよね。

 

◯を数えるというのは子どもにはとっつきやすいのかもしれないですね(^^)

迷路もレベルアップ

キッズステップ「迷路」

前回から取り組んでいる「迷路」もレベルアップ!

f:id:xoyu-nxo:20190731223245j:image

迷路プリント(無料) - キッズステップ

 

本当はもう1段レベルアップして海賊船に挑んでも良いのかな〜と思ってたのですが、りーくんが「おばけがいい」というのでもう1周することにしました^^

 

おばけにぶつかるちょっと手前で引き返してるところが結構あるのを見ると、やっぱりまだ普通の迷路は難しいかな??

 

迷路はもう自分1人でやってしまうので任せているけど、引き返さずに進んでいけるまでは何周でも同じプリントをやってもいいのかもしれないです。

気になる鉛筆の持ち方と姿勢

こんな感じで、りーくんも嫌にならずに(むしろプリント大好き)でやってくれているのですが、少々気になるところもあって。

 

それが、鉛筆の持ち方と、姿勢。ちゃんと教えられてるかな、と。

 

鉛筆はくもんのこどもえんぴつ4B×もちかたサポーター

を使用しているので、形にはなっているのですが(とても書きやすい鉛筆です。はじめての鉛筆にはおススメ)。※専用のえんぴつけずりが必要です

 

プリントをやっているとだんだん姿勢が斜めになってきて(特に迷路のとき。マリカーで身体が斜めになっちゃう感じなのか;)それに伴い鉛筆の持ち方も崩れてくるのです(ーー;)

 

そのため。未だに線がひょろひょろ〜

 

斜めになったら注意はするのですが、直したすぐあとまた斜めっていっちゃって;

 

ちゃんと教えておかないと、とも思うのですが、楽しんでやってることなのであんまりガミガミ躾けるのもな、、、と

 

やっぱりそういう部分はいわゆる「お教室」で教えてもらうのが良いのだろうなぁと感じます。

 

 

あんまり教育ママにはなりたくないので(なっちゃうと絶対厄介なタイプだと思うので←)とりあえずは“息子と一緒にプリントに取り組む時間”を楽しみたいと思います(^。^)

 

ゆーんでした。